人としてとても大切なことを学ぶ

どんな人であっても人として絶対に守らなければいけないことはあります。それが謝罪と感謝です。教育を受けると言う以前の問題です。最近では謝罪と感謝を行なわない人が増えてきています。子どもの頃には出来ていたことが大人になってできなくなってしまう、という人も多いようです。自分がされて嫌なことは他の人にも行なわないというのは基本中の基本です。それでも全くできていないと言う人も多いので、しっかりと教育を行なうべきでしょう。企業で仕事をしている場合には謝罪と感謝が出来ないと仕事になりませんし、信頼を失うことになってしまいます。責任転嫁をするという人もいます。企業側で社会的なマナーを習得できていない人、謝罪や感謝を言葉に出すことができない人はキチンと講習を行なう、ということを考えてみるといいかもしれません。そこまで行なわないと出来なくなってしまうというのはあまりにも残念なことです。家庭でも教育が必要なのかもしれません。